建築科



建築は、人々の生活上さまざまな要求を満たし、快適で便利な空間をつくり出す役割を担っています。この生活環境づくりのために、幅広い知識と技術を駆使して建築物の設計や施工に従事するのが建築技術者です。本科ではこのような技術者を養成します。

特色
木造住宅の基本から出発し、最低限、木造二階建住宅の設計製図ができ、鉄骨造・鉄筋コンクリート造などについても基礎的な知識が得られるように指導しています。

合格を目指す資格
二級建築士(受験資格:卒業後実務経験3年)、 一級建築士(受験資格:二級建築士取得後実務経験4年)、 二級建築施工管理技士(受験資格:卒業後実務経験3年)、 一級建築施工管理技士、(受験資格:二級建築施工管理技士取得後実務経験1~5年)、 建築施工技術者(在学中:二級建築施工管理技士受験の際一部学科免除)、 建築技術検定(在学中:福島県の高校生のみ)
 

建築科日誌

建築科の出来事 >> 記事詳細

2017/09/07

授業風景 <建築科>

| by 工業科
2年生の実習で行うCADの授業風景です。
この実習ではJWCADという無料のソフトを使用し、図面の作成を行います。
2年生実習CAD

2年生の実習も1年生の工業技術基礎同様に1クラスを3つのグループに分けて行っています。
CADの他には、木材加工、測量などの授業を週ごとにローテーションしながら行います。
設計事務所では手書きでの図面作成はほとんどなくCADで図面作成を行っているので、
とても大切な授業となります。
2年生実習CAD
16:48