工業化学科




私たちの生活は化学物質なしにはなりたちません。また環境も生命自身も物質です。当科は、物質とエネルギーのいろいろな現象について広い視野をもった人材を養成します。

特色

化学産業はこれからナノテクノロジー(超微細技術)と燃料電池開発が進展しています。これらをみすえながら化学分析から薬品製造そしてバイオテクノロジーなどの基礎知識が得られるように指導しています。

合格を目指す資格
毒物劇物取扱責任者、 危険物取扱者(乙類1~6類)、 ガス溶接技能士、 二級ボイラー技士
 

工業化学科日誌

工業化学科の出来事
2017/09/11

外部講師講座 <工業化学科>

| by 工業科
9月8日、「先端技術推進事業」に関わる外部講師講座として古河電池株式会社で「はやぶさ2」などの宇宙用電池開発に携わっている小出和也先生を迎え講義が行われました。
「先端技術につながる電池の化学」
〜化学の力で電池を創り、化学の力で宇宙を拓く〜
と題し、電池の基本から宇宙用電池について、実際の宇宙用電池サンプルをお持ちいただいての分かりやすく熱心な講義をいただきました。生徒諸君も熱心に聴き、電池に興味が湧いた、今後の勉強に役立てたいなど、ものづくりや化学の素晴らしさを再認識したようでした。

16:29 | 投票する | 投票数(6)
2017/07/20

高校生通信に紹介されました <工業化学科>

| by 工業科
 高校生通信 IWAKI PRIDE 15号(August.2017)に工業化学科3年生の実習の様子が紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

09:20 | 投票する | 投票数(7)
2017/05/12

植田町のイベントに参加しました。 <工業化学科>

| by 工業科
 5月5日(金)こどもの日に植田町のイベント「復興・交流祭 第39回歩行者天国」へ参加しました。工業化学科3年生5名で「スライムであそぼう」と題して、小学生向けにカラフルなスライム作りの体験を無料で行いました。大盛況で300名を超えるご来場がありました。ありがとうございました。
 小学生たちが自分で溶液を混ぜスライムができた瞬間、驚きと喜びの笑顔がとても印象的でした。工業化学科の生徒諸君も、いい経験になったようです。

13:28 | 投票する | 投票数(7)